人道についての対話

これらの写真は、ある瞬間を捉えたものです。それぞれに特定の背景となる状況とストーリーがあります。

まずは写真をご覧になりながら、自分の反応、浮かんでくる考えや感情と、それらが生まれるもととなった視点や個人的な経験を掘り下げてみてください。その後で、それぞれの写真に秘められたストーリーや状況、ジレンマをお読みください。

人道の活動の目的は、いのちを救ったり、苦しみを和らげたりすることで、人間の尊厳を尊重することにあります。人道支援の従事者は支援の現場において、危機に直面するだけでなく、日々の意思決定の中で個人にふりかかるジレンマを経験します。人道の原則(人類愛、中立、公平、独立)は、このような課題を解決するために役立ちます。

人生にはジレンマや困難がつきもの。それは人道支援従事者に限らず、誰もが経験することです。どんな人も普段の生活で苦境に直面しますが、問題を解決したり、基本的な判断をくだしたりして乗り越えています。あなたは人道の原則を日常生活にどう取り入れますか?

世界各地を結ぶプラットフォーム「#DialoguesOnHumanity」に参加して、あなたの考えや感情、疑問を共有してください。

Afshan Heuer

Curator of the section “Dialogues on Humanity”