© Mathieu Bernard-Reymond, 2018

何も理解していない

マチュー・ベルナール=レイモン

《 似たような日々 》は、不快な状況を分析して新たに評価し、より肯定的な見方をする「認知的再評価」を取り入れ、可塑的かつ主観的なとら本作は、3つのストーリー、3つのタイムゾーン、3つの視点、そして空間と時間の中での私たちが存在する場所を視覚的にリンクさせたものです。人類は、今なお自分の不完全さや有限性に抗うことで逃れようとしているこの場所と、永遠に結びついているのです。

「この映像作品は、人間性の希求が、贖罪や時間と死に対する戦いを願う個人の欲求と非常に密接につながっていることを示唆しています」

More Projects

人道についての対話

サレーブ山

ローレンス・ラスティ