© Manon Wertenbroek, 2018

似たような日々

マノン・ウォーテンブローク

《 似たような日々 》は、不快な状況を分析して新たに評価し、より肯定的な見方をする「認知的再評価」を取り入れ、可塑的かつ主観的なとらえ方を提案しています。動きのあるビジュアルは、心地良い空間と外の世界との関係を描き出していて、感情のジェットコースターを連想させます。

「私は、困難な状況に対処するための感情調整戦略である『認知的再評価』という手法を適用しました」

More Projects

人道についての対話

サレーブ山

ローレンス・ラスティ