© Cyril Porchet

シリル・ポルシェ

シリル・ポルシェ

鯉は、安らぎや落ち着き、柔らかさを普段は醸し出していますが、餌を与えられた途端にそれが変わってしまいます。鯉の矛盾した性質は、社会における大きな貧富の差の象徴として用いることができます。一握りの特権階級が優雅に暮らす一方で、世界の人口の大部分は苦難と悲惨な生活を送っています。

「魚たちが生き残るために苦闘する姿を見て、私は魚たちの間に横たわる不平等さに心を痛めました」

More Projects

人道についての対話

サレーブ山

ローレンス・ラスティ