© Sarah Carp, 2018

ルネッサンス

サラ・カープ

《 似たような日々 》は、不快な状況を分析して新たに評価し、より肯定的な見方をする「認知的再評価」を取り入れ、可塑的かつ主観的なとら出産とは、嵐の中の脆弱な船のように動きに身を任せ、風に運ばれることです。絶対的なもろさ、孤独、放棄。そうした要素が、喜び、美しさ、自然の力と共存しているのです。この映像作品は個人的な物語を下敷きにしています。写真を使って自分の日常生活を克服し受け入れる女性の、母性、孤独、別れ、そして変化へ向かう旅なのです。

「私が個人的な物語を選んだのは、私が新生児を抱えたシングルマザーで助けが必要だったからです。私の人生の中で、かなりもろい時期でした」

More Projects

人道についての対話

サレーブ山

ローレンス・ラスティ