© Virginie Rebetez, 2018

メモリアル・ガーデン

ヴィルジニー・レベテス

《 メモリアル・ガーデン 》は、私たちを未知なる海へといざなってくれます。海の向こうの安全な場所に行こうとして溺れてしまった死者の人格を与えるために、元素が結晶化したトワイライトゾーンに入っていくのです。何千人もの目に見えない匿名の人々が死を迎えた海底の上を行く詩的な旅です。

「私は、困難な「人の死で家族が悼むのは肉体と存在です。葬儀の儀式は喪失を受け入れ区切りをつけるのに役立ちます」

More Projects

人道についての対話

サレーブ山

ローレンス・ラスティ