© Mark Henley, 2018

偏見と向き合って

マーク・ヘンリー

スイスでの難民の受入れ・社会統合と難民の経験に関する問題を提起している《 偏見と向き合って 》は、破壊行為に反応する写真家の個人的な話という形を取り、うまくいかなかった展覧会の物語を描いています。

「最終的にこのプロジェクトは、私自身の行動、反応、そしてそれに続く反作用の物語となり、破損した写真は結局、弱い立場の人々が社会統合に当たって直面する困難のメタファーとなりました」 

More Projects

人道についての対話

サレーブ山

ローレンス・ラスティ